丹ゲル甲斐駒のmemory

2012.10.14 Sunday

0
    8月末に企画した甲斐駒・仙丈のリベンジを果たした。





    といっても今回は甲斐駒だけ。

    北沢峠から山頂を経由し七丈小屋での幕営といったプランだ。

    単純にテント場でのんびり酒飲みたいという思いからだったのだが、

    山頂から小屋までの標高差が600mほどあり、

    ちょっぴり楽を考えていた分、しんどい思いをするハメになったのだった。。

    私の読図もまだまだである。





    当日、現地に到着するまで降り続けた雨は、

    早朝にはすっかり止んでいたが、

    山の中は雲に包まれ、大粒の霧が雨のごとく少し肌寒かった。

    昼頃山頂に到着すると、雲の中からお向かいの仙丈ヶ岳が顔をだし、

    居合わせたみんなが歓喜の声をあげていた。

    我々は運がいいようだ。





    南アルプスの森の香りたっぶりの豊かな樹林帯とおいしい水、

    巻かずに直登した山頂はエクスタシー↑だったし、

    ぼやーっとご来光を眺めながら食べた朝食は貴重な時間で、

    白い砂礫とでっかい岩たちがなんともきれいだった。。

    甲斐駒ケ岳、いい山だ。

    摩利支天ことマリちゃんも剣が刺さりまくっててカッコよかったし。。





    今回の山行もおかげさまでサイコーでした。





    山と仲間たちに心から感謝です。






    peace







    mao

    南アルプス 甲斐駒ケ岳へ行ってきます。

    2012.10.06 Saturday

    0
      今晩より、

      10.8(月)まで

      私、店長 西木、

      丹後ワンダーフォーゲル部活動にて、

      南アルプス・甲斐駒ケ岳へ行ってまいります。

      遊星舎店頭は、往年のベテランスタッフが皆様をお迎えいたします。

      変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

      それでは、皆様、良き週末を!!

      peace

      mao


      槍、行ってきました!2012.9.15-18 丹後ワンダーフォーゲル部 槍ヶ岳(新穂高ルート)memory

      2012.09.20 Thursday

      0



        槍ヶ岳。

        雑誌やTVやらで見ては

        イイなー

        イイぜーと、憧れていた槍に。





        登り終わって無事帰って、自分の撮った写真を見てると、

        あー、登ったんだなーっと、イイ感じのムズムズ感がこみ上げてくる。

        山ってすばらしい。





        大型の台風が接近していて、天候が心配される中、

        それでも期待を胸に雨の京丹後を出発した。

        東に進めば進む程に天候は回復していたように思う。





        実際、天候はどうだったのかっていうと、ご覧のとおり。

        これ以上ないくらいのお天気に恵まれ、とにかくサイコー。

        山中で出会った神奈川からこられたご夫婦から言わせると、

        長野だけ晴れていたらしい。

        何に感謝して良いやら。

        ほんと、ありがとござます。





        サイコーといえば、

        今回の歩行距離、

        時間、

        荷物の重さ、

        ついでに僕の体重も過去サイコー。





        穂高連峰を右手に見ずーっと眺めなら、

        あれいったんだー、やばーとかいながら、

        時にワイワイ、

        時に黙々と歩いた。





        双六小屋では、夕食だけいただき、

        揚げたてのサックリした天婦羅に、

        屈指の生ビール。

        持参した焼酎もほとんど飲んでしまう。

        山がマジカルなら、

        山小屋はミステリアス。

        翌朝、別人のように目が腫れ、

        文字どうり別人の称号を得た。





        真夜中。

        自分のいびきか、

        風ではためくテントの音かはさだかでない轟音で目が覚め、

        あせって外を見てみたら、

        そこには満天の星空が。

        おかげで泥酔から立ち直れた。





        双六小屋から槍ヶ岳まで、

        西鎌尾根を通る稜線歩き。

        眺めがエクセレント。

        山がすごいんだ、ほんと。





        なんだかんだ結構ハードで、

        キッツーってなってたけど、

        自分だけじゃなくみんなでキッツーってなりながら登れるのが、

        仲間と登る山の醍醐味。





        槍の穂先。

        近くで見るとめっちゃでかい。

        柳D氏は高所恐怖症で、

        行くか行かまいか散々悩んでたけど、

        なんだかんだちゃんと上れてた。

        よく頑張ったねー。





        槍の山頂。

        風が強くて狭い上に、

        足場が悪く、

        断崖絶壁。

        上がってきた女の人がつまづいてヨロけたのを見て、

        心臓吐き出しそうに。。





        そういえば、今回の山行でご来光を見ていない。

        ご来光はすごく素敵だが、でもそれだけじゃないなと思えた山行でもあった。





        槍ヶ岳山荘でダラダラ酒飲むのが夢だったけど、

        翌日の天気予報が思わしくなく、

        槍平小屋まで下り、午前中に下山するプランに変更した。

        道のりの長さと疲れから、

        樹林帯のなかに山小屋の幻覚がみえる小屋ビョーが大流行り。

        小屋が見えた!ってなった後の、やっぱ違った・・は

        心にかなりのダメージを負う。

        この日は約12時間の長い道のりだった。





        今回の丹ゲル槍参加メイツたち。

        大先輩を含むオニーサン、オネーサンたちである。

        皆さんのおかげで憧れの槍ヶ岳に登ることができました。

        ほんとにありがとうございました。

        丹後ワンダーフォーゲル部

        バンザーイ!

        バンザーイ!!

        バンザーイ!!!

        また、行きましょー!



                  mao

        9.15 - 18 丹ゲル 槍ヶ岳 新穂高ルート (双六経由)8.28更新

        2012.08.28 Tuesday

        0
          8.17 午後18時頃、

          丹ゲル2012 百名山ハント 

          槍の第一回目のミーティングが行われましたのでご報告。

          参加予定メンバーで意見を出し合い、下記に決定しました。


          ・出発 9.15 19:00 京丹後市市役所前駐車場発

          ・解散 9.18 20:00 京丹後市市役所前駐車場

          ・ルート

          新穂高 - 双六小屋 - 槍ヶ岳山荘 - 槍平小屋 - 新穂高

          ・宿泊施設orテント場 

          16日 双六小屋 (生ビールあり) tel 0557-34-6268

          一人 一泊二食8800円 テント1張 500円

          17日 槍ヶ岳山荘 (生ビールあり)tel 090-2641-1911

          一人 一泊二食9000円 テント1張500円(30基限定、場所がなければ殺生ヒュッテのテント場)


          ゲル槍 ルート&タイムスケジュール

          9.16  歩行時間7:20 ↑1500up

          新穂高温泉 -1:20 - わさび平小屋 -3:50 (小池新道)- 鏡平山荘 - 1:00 - 弓折乗越 - 1:10(雪田花見平) - 双六小屋

          9.17 歩行時間5:55

          双六小屋 - 0:45 - 樅沢岳(もみさわだけ)2755m - 

          2:40 (硫黄乗越・△左俣岳2674.1m・西鎌尾根) - 千丈乗越

          - 1:30 - 槍ヶ岳山荘 - 1:00 - 槍ヶ岳 △3180m

          9.18 歩行時間5:20

          槍ヶ岳山荘 - 1:20(飛騨乗越)- 千丈分岐点 - 1:30 -

          槍平小屋 - 0:50 - 滝沢出合(滝沢避難小屋)- 1:10 -

          白出沢出合 - 1:30 - 新穂高温泉

          ※行く人は地図をよく見ておいてくだされ。


          以上 にゃー。

          Mt.Hodaka memory

          2011.09.05 Monday

          0
            出発の日、京丹後市は大雨警報が発令していた。
            天気予報では28日の午後から晴マーク。
            不安になったぼくは、しんのすけくんに相談したところ、
            最初は雨でも3日目の朝にすっかり晴れてご来光なんて見れた日には涙腺ゆるんじゃうよねーみたいなこといって、全く心配する様子もないし、むしろやる気な彼、超ポジティブ。
            この一言がなかったら、今年の穂高はなかったかもしれない。




            小学生の頃、穂高に登ったことがあって、
            上高地を歩いたことをすこしだけ覚えている。
            でも景色とか全く覚えてない。
            魚がいて、
            カルガモがいて、
            ガマガエルがいて、
            小川には藻が長〜く伸びてて。
            今度はちゃんと覚えておこう。




            そのザックには一体何がそんなに詰まっているのだろう?
            おやつや期待や不安や思い出がたっぷり。。なーんてね。




            屏風岩から幻の滝が。
            雨だからこそ見られる貴重なシーンがあることを学んだ。




            雨が止み雲の隙間から、ついに頂きが顔を覗かせてくれた。
            青空ってすばらしい。




            山に行くといつも思うことがある。
            日本国内だけでも、僕の知らないすごい景色やすごい場所が、
            一生かかっても行ききれないくらい沢山の山があり、
            行く先々での出会いがある。
            そのことがすごくうれしい。
            人生は旅だね。




            上高地から6時間、雲の上の涸沢カールにたどり着いた。




            雨のせいかテントはまばら。
            でもみんなすごくたのしそうだ。




            涸沢小屋のテラスにて、至福のひと時。
            のどごしハンパない。




            真夜中に目が覚めた。
            外にでたら満点の星が。
            日ごろの行いがわるくなかったんじゃないかなっとちょっと安心した。。




            快晴の朝を向かえ、肉眼でルート確認中のK氏なんだけど、
            なんだか、とてつもなくでっけえことしそう。。
            かっこいいぜ。




            こんなに可愛い花なのに毒があるなんて、認めたくない真実。
            トリカブト。




            ○と→をたどってルートを外れないよう。
            鎖や梯子など危険箇所は気を抜かないよう。
            でも、これがあるからおもしろい。




            北穂山頂。
            みんなでシェアした粉末お汁粉がめちゃくちゃウマかった。
            山にお汁粉、最高です。




            北穂から涸沢岳までは、今回最大の難所。
            ゴツゴツした岩の稜線を登ったり下りたり。
            緊張で喉はカラカラ。
            ぶっちゃけいうと、僕、高いところ苦手なんです。




            涸沢岳頂上におじさんの写真が眠っていた。
            きっとこの山が大好きだった人なんだろう。
            ゆっくりおやすみなさい。




            夕方6時半に眠りに落ちて何度か目が覚めた。
            二度寝、三度寝してたっぷり10時間はねむったんじゃないかな。
            これもなかなかの贅沢。



            この日の日の出時刻は午前5時15分。
            すでに行動を開始して頂上からご来光を眺めようと、
            登りだす人たちがたくさんいる中、
            僕らは、ようやく布団からでてきてのんびりと太陽を待った。




            自分の子供に穂高って名前をつけるくらい、
            穂高って山にあこがれる人達がたくさんいて、
            僕も子供がいたら
            穂高って名づけてしまいそうなくらい憧れてる。
            穂高縦走3日目にしてたどり着いた朝は、
            地球が始まって以来始めて迎えた朝じゃないかと思わせるくらい新鮮な朝だった。




            day3、快晴。
            最高や。




            穂高岳山荘に別れを告げ、奥穂核心部へ。
            初っ端から岩登りでシャキっと気が引き締まる。
            景色はもちろん最高、槍もばっちり見えた。




            日本第三位の高さを誇る
            奥穂山頂、3190m 
            丹後ワンダーフォーゲル部で企画した
            100名山ハントの始めの一歩。
            これからもガンガン行きまっせー!




            上高地へもどり、
            食堂で食ったカツ丼の味はあんまり覚えてないけど、
            それまでのいろんな思いがこみ上げてきて、
            感慨深いものになった。

            メンバーのみなさんがいてくれたおかげで、
            最高の山行になりました。

            こころからお礼を言いたいと思います。

            ありがとう!

            それから、遊星舎のおかげで良い経験させてもらって
            本当、感謝です。

            これからもよろしくお願いします。

            さて、今週末は白山です。
            バタバタで告知がしっかり出来ませんでしたが、
            気合入れて登ってきまーす!


            peace

            2011.08.26-28 丹後ワンダーフォーゲル部 穂高縦走 無事終了しました。

            2011.09.03 Saturday

            0
              丹後ワンダーフォーゲル部 穂高岳縦走、無事終了しました。

              参加者のみなさん、大変お疲れ様でした!

              初日は、雨に降られましたが、2日目以降は、お天気も回復し、

              最終日は最高の天気で、ご来光を拝む事ができました。

              憧れの山に皆さんとご一緒できて、幸せでした。

              ほんとにいろいろ楽しかったー。

              来年は槍、行きましょう!



              奥穂から見えるジャンダルム


              ★今後の山行スケジュール


              9.11-12 白山 山小屋泊 前夜車中泊 1泊2日 (室堂センター泊)

              詳しくは遊星舎(0772−62−0159)までお問い合わせ下さい。
                  

              10.30  地図読み講習会 

              京都府京丹後市大宮町五十河 小町公園内 小町の館研修室にて2時間程度、地図読みの卓上講習を行います。午後より高山に移動、フィールドにて地図読みの実習を行います。

              定員:20名

              参加費:¥2000円 

              地図代:¥300円

              集合場所:京丹後市大宮町五十河 小町公園集合(問:0772-64-5533)

              実習場所:高山

              講師:高崎 洋一郎氏(山岳ガイド協会認定ガイド)

              持ち物:コンパス、25000/1地図 日置、メモ、筆記用具、お弁当、山行の服装、雨具


              スケジュール:

              2011.10.30

              9:50 小町公園集合

              10:00 公園内 小町の館にて卓上講習

              12:00 昼食

              13:00 高山に地図読み実習

              15:00 終了・解散

              ※雨天決行、地図、コンパスのない方は事前に必ずご相談下さい。

              参加ご希望の方は、下記までお問い合わせ下さい。

              outdoor&organic life style 遊星舎/GREEN LAB OFFICE
              〒627-0032
              京都府京丹後市峰山町浪花6番地
              tel&fax:0772062-0159
              e-mail:info@useisha.com
              「地図読み講習会 高山について」 担当 西木 真央


              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

              8.21 丹ゲル穂高ミーティングを参加メンバーで行いました。

              今回は5人で穂高縦走します。

              みなさんよろしくお願いします。

              丹後発 上高地までのルートは下記で行きます。


              25日夕方7時 京丹後市役所前駐車場 出発

                ↓

              京都南より名神高速を名古屋方面へ。
                
                ↓

              一宮ジャンクションより東海北陸自動車道へ入り、吹田より約270km(約3時間30分)。

                ↓

              飛騨清見ICから中部縦貫自動車道(高山清見道路)に入り、高山ICへ。

                ↓

              高山市街地を抜け国道158号線にて約45分。

              「平湯駐車場」 にて シャトルバス




              以下、ミーティングにより決定したルートになりまーす。


              地図に穴あけるくらいガン見して、覚えちゃいましょう。

              ゆとりのあるタイムスケジュール設定になってます。

              寄り道したいポインツあらば、

              あらかじめちぇけらッしておきましょー。

              ★201108.26-28 丹後ワンダーフォーゲル部 穂高ROUTE&TIME

              Day 1 

              START 上高地総合バスターターミナル

               ↓  3h10m

              横尾谷  

               ↓  3h

              涸沢小屋 


              Day 2

              涸沢小屋 

               ↓  3h

              北穂高岳 3109M 

               ↓ 涸沢岳3103M 2h15m

              穂高岳山荘

              Day 3

              穂高岳山荘

               ↓ 40m

              奥穂高岳 3190M

               ↓  吊尾根 1.5h

              前穂高岳 3090.2M

               ↓  重太郎新道(紀美子平分岐点経由)2h

              岳沢小屋

               ↓  2h

              FINISH 上高地総合バスターミナル

              タイムスケジュールは昭文社の
              北アルプス・槍・穂高を参考に作成しています。
              参照される方は、出発時間かもしくは到着希望時間から足したり引いたりすると良いです。

              参加者の募集は特にしておりませんが、
              どうしてもという方、おられましたらご連絡ください。

              【インフォメーション】

              今年の7月をもちましてGREEN LAB. も2周年を迎える事ができました。

              これもひとえに皆様のおかげです。

              あざーっす!!

              感謝の思いをこめて、
              2周年記念セール40%〜10%OFFにて開催中です。

              第一弾は当店の人気カテゴリー、phateeのハット/キャップ

              大放出中です。。

              http://useisha.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=600055&csid=3

              お電話でのご注文も承ります。

              outdoor&organic life style 遊星舎/GREEN LAB.OFFICE
              〒627-0032 京都府京丹後市峰山町浪花6番地
              tel/fax:0772-62-0159
              e-mail:info@useisha.com
              1